宇都宮タワー、認知症照らすオレンジに 啓発色でライトアップ

 【宇都宮】21日の「世界アルツハイマーデー」を前に、塙田5丁目の八幡山公園にある宇都宮タワーが17日夜、降雨の中で認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色にライトアップされた。

 認知症への理解を広げようと、市と公益社団法人「認知症の人と家族の会」県支部が共同で企画し、今年で2回目。23日まで午後6~9時にライトアップする。県支部の金沢林子(かなざわしげこ)世話人代表(72)は「ライトアップが、家族や患者本人を照らす明るい灯になってほしい」と話している。