ブレックス・橋本「チャレンジャー精神で」 都内でBリーグのカンファレンス

ブレックス・橋本「チャレンジャー精神で」 都内でBリーグのカンファレンス

 プロバスケットボールのBリーグは11日、都内で「ティップオフ・カンファレンス」を開き、1部(B1)に所属する18チームの代表選手が集結した。初代王者の栃木ブレックスからは橋本晃佑(はしもとこうすけ)(日光市出身、宇工高出)が出席し、「昨季は最高の形で終われた。追われる立場だがチャレンジャー精神を持ってやりたい」と意気込んだ。

 国内2リーグが統合し、昨季誕生したBリーグ。2年目の今季は「ビルドアップ」を掲げる。大川正明(おおかわまさあき)チェアマンは「1年目は大きな成功だった。リーグをさらに骨太に魅力的にし、Jリーグとプロ野球に次ぐ3大スポーツにしたい」と力を込めた。ユニホーム姿で登場した選手たちは今季の意気込みを語った。

 リーグ戦は29日に開幕し、東地区のブレックスは午後7時5分から、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で中地区の三河と対戦する。