「見方一つで変わる」 荒行・千日回峰行の達成僧が仏教講座 日光・輪王寺

 【日光】山内の日光山輪王寺は9日、仏教に親しんでもらう「第66回仏教文化講座」を境内で開き、1千日間で延べ約4万キロを巡拝する荒行「千日回峰行」を達成した天台宗の高僧上原行照(うえはらぎょうしょう)さん(58)が講演した。

 上原さんは前橋市生まれ。中学卒業後に出家し、比叡山で修行しながら高校などに通った。1988~94年に千日回峰行を行い、戦後11人目の達成者となった。現在は滋賀県近江八幡市の伊崎寺住職を務める。

 この日は約200人が来場。上原さんは、飲食や睡眠などを9日間絶って真言を唱える修行もあった千日回峰行などについて分かりやすく解説した。