真岡−さくら清修、初戦で激突 高校サッカー栃木大会、組み合わせ決まる

 第96回全国高校サッカー選手権大会栃木大会の組み合わせ抽選会が8日、宇都宮市内のホテルで開かれ、出場24校の対戦カードが決まった。前回覇者で全国3位の佐野日大は、1回戦で鹿沼東と対戦。全国高校総体県予選王者の真岡は、初戦の2回戦で県高校総体を制したさくら清修と激突する。

 今年は全国高校総体に出場した真岡などを中心に力が拮抗(きっこう)し、例年になく混戦模様となっている。

 第1シード真岡はけがで戦線離脱していた主力の復帰が見込まれ、優勝候補筆頭。県王者同士の対戦となるさくら清修戦が鍵となりそう。2年ぶりの王座奪還を目指す矢板中央は2回戦で大田原と、前回準優勝の宇短大付は1回戦で宇工と対戦する。前回全国3位の佐野日大は守備重視のサッカーで連覇を狙う。