今夏の第99回全国高校野球選手権栃木大会で151キロをマークし、本格派右腕として注目を集めた石川翔(いしかわしょう)(青藍泰斗)がプロ志望届を提出することが8日、関係者への取材で分かった。早ければ10日にも提出する。左腕の北浦竜次(きたうらりゅうじ)(白鴎足利)も近く提出する。

 石川は東京・赤塚一中出身。栃木大会では4試合で29奪三振、先発した準々決勝の石橋戦で自己最速を更新する151キロを記録した。作新高に準決勝で敗れた後、プロ入りを表明していた。