薬物事件の再犯防止に向け、厚生労働省が、執行猶予判決を受けた初犯者に薬物乱用防止のカウンセリングを実施する専門職員を全国の麻薬取締部に配置する方向で検討していることが21日、関係者への取材で分かった。