自治会内を歩き地域住民からお菓子をもらう仮装した子どもたち=2016年10月下旬、日光市内(霧降自治会提供)

町内を歩き地域住民からお菓子をもらう仮装した子どもたち=2016年10月下旬、日光市内(霧降自治会提供)

ハロウィーンイベントで仮装して町内を歩く子どもたち=2016年10月下旬、日光市内(霧降自治会提供)

自治会内を歩き地域住民からお菓子をもらう仮装した子どもたち=2016年10月下旬、日光市内(霧降自治会提供) 町内を歩き地域住民からお菓子をもらう仮装した子どもたち=2016年10月下旬、日光市内(霧降自治会提供) ハロウィーンイベントで仮装して町内を歩く子どもたち=2016年10月下旬、日光市内(霧降自治会提供)

 毎年10月31日のハロウィーンにちなんだイベントが県内でも広がっている。今年も31日を控え、県内のほぼ全市町内で今月下旬から関連イベントが予定されるなど年中行事の一つとして定着しつつある。住民同士の交流を図るため、ハロウィーンを活用する自治会も少なくない。記念日の市場規模を推計する「日本記念日協会」(長野県佐久市)は「10月下旬は他に大きなイベントがなく、子どもから大人まで楽しめることから地域でも浸透した」と説明している。