6回、ソロホームランを打たれ、肩を落とす作新のエース林=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場

4回、得点圏にランナーを背負い、マウンドに集まる作新ナイン=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場

6回、ソロホームランを打たれ、肩を落とす作新・林=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場

1回、マウンドで言葉を交わす作新・林(右)と立石=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場

8回、作新・立石が左前打を放つ=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場

7回、作新・大河内が中前に2塁打を放つ=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場

6回、ソロホームランを打たれ、肩を落とす作新のエース林=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場 4回、得点圏にランナーを背負い、マウンドに集まる作新ナイン=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場 6回、ソロホームランを打たれ、肩を落とす作新・林=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場
1回、マウンドで言葉を交わす作新・林(右)と立石=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場 8回、作新・立石が左前打を放つ=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場 7回、作新・大河内が中前に2塁打を放つ=甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場

 第71回関東地区高校野球大会は20日、甲府市の小瀬スポーツ公園山日YBS球場で開幕。作新(本県2位)は前橋育英(群馬1位)に0-1で敗れ、来春のセンバツ甲子園出場が厳しくなった。

◆栃木県高校野球特集

 作新は主戦右腕の林勇成(はやしゆうせい)が内角の厳しいコースを突く投球で五回まで無失点と好投。しかし、六回にこの回先頭の3番打者に右越えソロ本塁打を浴び、先制を許した。

 県大会でチーム打率2割6分5厘と不振だった打線は7安打を放ったものの無得点。2番に座った中島義明(なかじまよしあき)が2安打を含め3度出塁するなど気を吐いたが、4併殺を喫するなどつながりを欠いた。

 大会第2日は21日に同球場で1回戦3試合を行い、佐野日大(本県1位)は第2試合(午前11時半開始予定)で東農大三(埼玉2位)と対戦する。