看板メニューの「魚介のMIXパエリア」(手前)は、都内の店を食べ歩くなどして試行錯誤の末にできた逸品だ

 JR宇都宮駅東の繁華街。色気より食い気な記者が足を運んだのは、スペイン料理やワインがお手頃な価格で楽しめるビストロだ。

 Web写真館に別カットの写真

 正統派な居酒屋が多いこの地域で、オーナーシェフの脇坂清(わきさかきよし)さん(42)が「この辺にはない店をやってみよう」と2013年にオープンさせた。

 店の内装は木を基調にした温かな雰囲気。所々に置かれたワイン樽(だる)が存在感を放つ。

 いい匂いを漂わせて運ばれてきたのは、看板メニューの「魚介のMIXパエリア」(1人前税別1千円。2人前から注文可)。本場のレシピに倣ってサフランは使わず、エビや魚、鶏だしのうま味がぎゅっと詰まっている。

 スペイン産の生ハム「ハモンセラーノ」(同1千円)はハーフサイズ(同500円)でも注文できる。うん、絶妙な塩気。ずっとかみ続けていたい。

 最後は素手で「ラムチョップ」(1本同500円)にかぶりついた。指や口元が汚れるのなんて知るもんか。脇坂さんがこだわって仕入れているラム肉は癖がなく、軟らかく食べやすい。

 下戸なのでお酒は一滴も飲んでいないはずなのに、おいしい料理の味にすっかり“酔って”しまった。

 メモ 宇都宮市東宿郷2-10-3第一生沼ビル2階▽営業時間 午後6時~午前2時(金、土曜は3時)1時間前ラストオーダー▽定休日 火曜▽(問)028・633・5999