あなたの「推しカレー」は? 10日に宇都宮中心街でフェス うどん店やバーも参戦

 【宇都宮】市内外の飲食店が振る舞う自慢のカレー料理を味わいながら、好みの一品を選ぶ「宮のカレーフェスティバルin秋」(Team PIECE主催)が10日、江野町のオリオンスクエアで開かれる。今回は世代を問わず人気が高いメニューだけに、主催者の一人恩田朋祐(おんだともひろ)さん(30)は「カレーといえば『カレーライス』のイメージが強いが、バリエーションは豊富。食欲をそそる意外な味を楽しみにしてほしい」と意気込んでいる。

 フェスティバルは、市内外の飲食店でつくるTeam PIECEが「街なかなどにそろう多彩なグルメを多くの人に知ってもらおう」と企画した。季節ごとに丼や麺などテーマを変えており、食のイベントを通じて街を盛り上げている。3回目となる今回は、初めてカレーを取り上げる。

 当日は、フェスティバル最多の13店舗が参加。専門店のほか食堂、カフェ、うどん店、バーなどが自慢のカレー料理を1杯500円で販売し、ご飯は無料で提供する。