自転車のパワースポット? 泉自治公民館の宿泊者、次々レース優勝や上位 矢板

 【矢板】20日に行われた一般参加の自転車レース「第4回やいた八方ケ原ヒルクライムレース2017」で、前夜から泉自治公民館に宿泊した選手から2人の優勝者が出て、関係者の間で同公民館が「パワースポットだ」と話題になっている。

 レースには過去最多の662人が参加し、年齢や性別などで分けられた全10部門で競われた。同公民館に宿泊した19人のうち優勝2人、2位1人、4位1人と計4人が上位に入った。

 同公民館ではレース前日の19日、宿泊する選手をもてなそうと地元住民らが協力して前夜祭を開催。プロ選手が走り方を指南したり、料理を振る舞ったりし好評を博した。

 ただ、宿泊といっても施設に風呂や寝具はない。選手は、畳や板の間に持参した寝袋や布団を広げて体を休ませたという。