北西から臨んだ本殿。幾何学的なデザインの「地紋彫り」が施されている。写真奥が拝殿=真岡市東郷

 国の文化審議会は19日、真岡市東郷の大前(おおさき)神社など全国9件の建造物を国の重要文化財(重文)に指定するよう、柴山昌彦(しばやままさひこ)文部科学相に答申した。近く指定される見込み。建立は幕府が威信をかけた日光東照宮などが造営された後の「ポスト日光」の時代。庶民信仰の盛り上がりを背景にした装飾建築の先駆けとして評価された。