チームプレゼンテーションに登場した宇都宮ブリッツェン=宇都宮市内

 アジア最高位の自転車ロードレース「2018ジャパンカップサイクルロードレース」の開幕を飾るチームプレゼンテーションが19日夜、宇都宮市江野町のオリオンスクエアで行われた。

 昨年より7チーム多い全22チームが参加。順番にステージに上がり紹介を受けた。地元・宇都宮ブリッツェンの雨沢毅明(あめざわたけあき)は「昨年はロードで3位だった。今年は優勝を目指して走る」と力強く宣言。那須ブラーゼンの下島将輝(しもじままさき)は「(チームの)誰が前に行ってもおかしくないレースにしたい」と力を込めた。