「にっこり」の試食を促す高橋委員長(手前右)ら=19日午前6時50分、東京都大田区

 県農産物リーディングブランドに指定されている本県オリジナルのナシ「にっこり」の出荷時期を迎え、県内生産者で組織する栃木梨消費宣伝事業委員会は19日朝、主要出荷先の東京都中央卸売市場大田市場でPR活動を行った。

Web写真館に別カットの写真

 農産物をPRする「とちぎフレッシュメイト」の3人のほか、JA全農とちぎや県の職員など約20人が参加。「甘くておいしいです」などと仲卸や買参人らに声を掛けながら試食を勧め、用意した約400人分は10分ほどでなくなった。