【佐野】岡部正英(おかべまさひで)市長は31日の定例記者会見で、1日から空き工場などの情報を市のホームページ(HP)で公開する「市工場用地等活用促進事業(市工場用地バンク)」を実施することを明らかにした。

 工場立地に際し土地購入や建屋建設など初期投資の軽減を図り、企業誘致を促進することが目的。同様の制度は県や那須烏山、鹿沼、足利、栃木の各市でも実施している。

 市は、工場用地などの所有者や不動産業者などから登録申請を受け、HPに土地の所在地や状況、所有者などの物件情報を公開。閲覧した立地希望企業などが情報提供者と直接契約交渉する。市は情報収集、提供のみで、交渉や契約に関与しない。

 登録対象物件は、市内の工場や倉庫など産業用の土地、建物で、土地は約1千平方メートル以上。市商工・企業誘致課に所定の書類を提出する。登録は無料。

 (問)同課0283・20・3040。

 ◆佐野市ホームページ