ベロンさんに関する情報を集めるダミアンさん(左)とセシルさん=10日午後、日光市松原町

 7月に観光で日光市内を訪れ行方不明になっているフランス国籍、教員補助ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(36)の親族2人が18日までに、下野新聞社の取材に応じ「人々の記憶が薄れてしまう。風化させないようにしたい」と改めて情報提供を呼び掛けた。10月初旬に再来日し捜索を続ける親族ら。行方不明から2カ月以上がたった今も手掛かりがつかめない状況に「とても心配している」などと語った。

 ベロンさんは7月27日に来日。同29日午前10時ごろ、日光市内の宿泊施設を外出した後、行方が分からなくなった。