ブレックス遠藤らサポーターに 栃木県臓器移植推進協

 県臓器移植推進協会(理事長・太田照男(おおたてるお)県医師会長)は30日、プロバスケットボール「リンク栃木ブレックス」の遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)選手と専属チアリーダー「ブレクシー」のMARINAさんを「県臓器移植推進サポーター」に任命した。

 2人は同日、宇都宮市駒生町のとちぎ健康の森を訪れ、太田理事長から任命書などを受け取った。

 2人の任期は1年間。10月の臓器移植普及推進月間の街頭キャンペーンやブレックスのホームゲームでPR活動を行うほか、ブレックスの協力を得て新たに作成する本県オリジナルの意思表示カードを配布する。