昨年の合奏部門の演奏

昨年の合奏部門の演奏

昨年の合奏部門の演奏

昨年の合奏部門の演奏

昨年の合奏部門の演奏
昨年の合奏部門の演奏 昨年の合奏部門の演奏 昨年の合奏部門の演奏

 第46回県学校音楽祭中央祭(県小学校教育研究会、県中学校教育研究会、下野新聞社など主催)が22日、宇都宮市内で開幕する。4日間にわたり、合唱、合奏の2部門に小学校84校、中学校95校が練習の成果を発揮する。

 「学校教育の一環としての音楽」を重視し、長い歴史を持つ同祭。合唱部門では各校がバラエティーに富んだ曲を披露する。合奏部門は吹奏楽を中心に管弦楽、金管合奏、箏といったさまざまなスタイルの演奏が行われる。

 宇河、上都賀、芳賀、下都賀、塩谷、南那須、那須、佐野、足利の9地区で予選に相当する地方祭が開かれ、優秀な成績を収めた学校が本番の舞台に進む。