野菜のキーホルダー作りを通して食育を学ぶ子どもたち

 【宇都宮】第13回うつのみや食育フェアが14日、宇都宮城址(じょうし)公園で開かれ、多くの来場者が各ブースで食に関するクイズやステージイベントなどを楽しんだ。

 フェアは学校や地域、企業、行政が一体となり、「食育」の大切さを楽しく、分かりやすく周知啓発するのが狙い。今年は市歯科医師会や県学校栄養士会、宇都宮白楊高、かみかわち農産物直売所など84団体が出展した。中高生ボランティア約100人も駆け付け、運営を手伝った。