韓国の閣僚らが視察した朝鮮戦争激戦地の地雷除去作業=17日、江原道・鉄原(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の任鍾ソク大統領秘書室長や鄭景斗国防相ら閣僚は17日、朝鮮戦争(1950~53年)の激戦地だった高地で進められている地雷撤去作業を視察した。

 高地は南北間の非武装地帯(DMZ)にある。地雷撤去は9月に合意した軍事分野の緊張緩和策として実施中で、朝鮮戦争参戦者の遺骨の共同発掘に向けた準備の一環。

 視察には趙明均統一相や徐薫国家情報院長らも同行し、発見された地雷や手りゅう弾を確認したり、軍関係者から作業の進捗について説明を受けたりした。北朝鮮側でも兵士らが地雷除去作業に当たっているとされる。