素手でイモ掘りに挑戦する園児たち

 【大田原】地域住民で組織する「ふれあい実行委員会」((室井敏雄むろいとしお)会長)はこのほど、美原1丁目の畑にかねだ保育園の園児を招待し、サツマイモ掘りを行った。

 収穫の楽しさを知ってもらおうと、同会が昨年から実施。今回は年中、年長組の約60人が参加した。

 園児たちは素手でサツマイモ掘りに挑戦。土の感触を楽しみながらイモに触れると、力いっぱい引き抜いた。畑には「採れた」などと元気な声が響いていた。

 年長梶野心花(かじのこのは)ちゃん(6)は「ちっちゃいのも中くらいのも大きいのも掘れて楽しかった」と笑顔だった。