利用者が増えた道の駅きつれがわ温泉

 【さくら】市商工観光課は15日までに、市関連の温泉施設の2017年度利用状況をまとめた。第三セクター「道の駅きつれがわ」の温泉施設が15年度と比べ7・7%増えた。日本自動車連盟(JAF)の会員割引の利用者が増加し、全体を押し上げたとみられる。

 同課は「道の駅に温泉施設が併設されている相乗効果が出ている」としている。しかしJAFの会員割引を利用している利用者は地元や宇都宮市が中心になってきており、同課は「サービスの周知を図る所期の目的は達成した」として、一緒に来た人にも適用されている割引特典を11月から会員のみに限定することを検討している。