宇都宮地方気象台は22日午後5時11分、「雷と突風及び降ひょうに関する県気象情報」を発表した。県内では、23日未明にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込みで、土砂災害や突風、降ひょうなどに注意するよう呼び掛けている。

 同気象台によると、22日夜のはじめごろにかけて、1時間に40ミリの激しい雨の降る所がある見込み。23日午後6時までの24時間の予想雨量は、多い所で80ミリの見込み。落雷や竜巻などの激しい突風が発生するおそれがあり、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合には、建物内へ移動するなど安全確保を呼び掛けている。

 また、降ひょうのおそれがあり、農作物の管理に注意が必要という。