スペインのサンチェス首相(右)と懇談する安倍首相=16日、マドリード(共同)

 【マドリード共同】安倍晋三首相は16日午後(日本時間17日未明)、スペインのサンチェス首相と首都マドリードで会談した。安全保障や経済を含む幅広い分野で協力を拡大するため、両国関係を「戦略的パートナーシップ」と位置付けることで合意した。会談後、こうした内容を盛り込んだ共同声明を発表した。

 今年が両国の外交関係樹立150周年に当たることから関係強化を図る。安倍首相は会談で「2国間の協力にとどまらず、国際社会が直面する幅広いグローバルな課題にも緊密に協力していく」と強調した。