「赤ちゃん先生」高齢者を笑顔に NPO法人、佐野で初開催

 【佐野】NPO法人ママの働き方応援隊宇都宮校佐野学級(山越伸夏(やまこしのぶか)代表)の「赤ちゃん先生プロジェクト」が19日、寺中町のデイサービスセンター「ほほえみ」で行われ、高齢者と赤ちゃんが触れ合った。

 同法人は2007年に設立され、神戸市に本部を置く。子育て中の母親の新しい働き方をつくりたいと、同プロジェクトをはじめさまざまな事業を展開。赤ちゃん先生は、親子で教育機関や高齢者施設などを訪問し、学びや癒やし、感動を互いに共有し、人として大切なことを感じてもらうのが目的。

 この日は、県内の1~5歳までの赤ちゃん5人と母親4人が講師となり、同センターの利用者30人と歌やゲームを楽しんだ。