日光エリア、ホテル・旅館の新設相次ぐ 国際観光地の受け皿に

 国際観光地である日光市の日光エリアで、ホテルや旅館の建設計画、開業の動きが相次いでいる。8月にオープンした施設も含め現在、計画公表や開業の動きは5施設に上り、このうち3施設は富裕層向けの高級ホテル・旅館だ。昨年の県内外国人宿泊者数が過去最高の21万人となる中、「海外富裕層の受け皿づくり」による日光の注目度向上とさらなる観光振興が期待される。

 富裕層向けの3施設は、東武鉄道(東京都)が米ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルと中禅寺湖畔に開く「ザ・リッツ・カールトン日光」、同鉄道と不動産会社ヒューリック(同)が日光田母沢御用邸記念公園隣接地に計画する「日光 ふふ」(仮称)、日光ホテルズ(日光市安川町)が二社一寺西参道沿いに建設中の「日光西町倶楽部(くらぶ)あらとうと」。各施設は10月から2020年夏にかけて開業を予定する。

 リッツはマリオット社の最高級ホテルブランドを強みとし、ふふは国内トップレベルの高級温泉旅館を掲げる。あらとうとは9部屋全室をスイートルームとし、「どちらかと言えば日本人の年配客がターゲット」(日光ホテルズ担当者)という。

 一方、残る2施設は、なごみコーポレーション(栃木市平井町)の温泉ホテル「旅籠(はたご)なごみ」と日光ホテルズの「日光ステーションホテルⅡ番館」で、いずれも8月に開業した。なごみは年配客を中心に家族連れも含む中流層を、Ⅱ番館は手頃な料金設定でバックパッカーらを想定しており、富裕層路線と差別化を図っている。