中大で活躍する小野寺一塁手、吉田主将、五十幡中堅手、大関投手(右から)=東京都八王子市の中大硬式野球場

 戦国・東都の頂点へ-。佐野日大高出身の吉田叡生(よしだとしき)が主将を務める東都大学野球リーグ1部の中大が16日から秋季リーグ最終節の立正大戦に挑む。現在勝ち点2で4チームが並ぶ大混戦となっており4位の中大も14年28季ぶりとなる優勝の可能性を残す。吉田を含め同大で活躍する本県高校出身4選手が最終節への意気込みを語った。