第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」は13~15日、福井県内で熱戦を展開。県勢は陸上や水泳などで金メダル14個を含む37個のメダルを獲得した。

 陸上では下野直美(障害者支援施設かりいほ)がソフトボール投げで34メートル98の大会新をマークしたほか、篠原美帆(藤井産業)が100メートルと200メートル、青木龍太(塩谷町)がジャベリックスローと砲丸投げの2冠に輝いた。