買い物客が集まるスーパーのレジ。景気への悪影響を考慮し消費増税後も飲食料品の税率は8%に据え置かれる=15日午後、宇都宮市城東1丁目

 安倍晋三(あべしんぞう)首相が来年10月の消費税率引き上げを改めて表明した15日、県内の消費者からは「国の財政や高齢化の現状を考えれば仕方がない」と消極的に賛成する声が相次いだ。一方、事業者には「消費者の購買意欲が冷え込む」「少なからず影響はある」との警戒感が広がり、混乱も予想される軽減税率制度に苦慮する意見が出た。