高水準の財政赤字を計上した米連邦議会議事堂=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米財務省が15日発表した2018会計年度(17年10月~18年9月)の財政収支の赤字額は、前年度比17・0%増の7789億9600万ドル(約87兆円)だった。赤字額は3年連続で拡大し、12年度以来6年ぶりの高水準となった。

 景気拡大を加速させるため法人税率の引き下げを柱とする大型減税や歳出拡大を進めた結果、財政赤字が膨らんだ。国債増発を余儀なくされ、米長期金利上昇の一因となっている。財政悪化が続けば、世界経済の波乱要因の一つとなる。