モミジやツツジなどが赤く色付いた中腹=15日午後1時20分、那須塩原市湯本塩原

 那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」で紅葉が見ごろを迎えている。恒例の「紅葉ゴンドラ」も稼働し、多くの観光客が足を運んでいる。

 Web写真館に別カットの写真

 ゴンドラは山麓と明神岳山頂付近の標高約1643メートルまで全長2・4キロを約10分で結ぶ。紅葉は10月初旬に山頂近くから始まり、現在は中腹のモミジやツツジなどが赤く染まっている。

 曇天となった15日も県内外から親子連れらが訪れた。埼玉県朝霞市三原1丁目、会社員和泉秀文(いずみひでふみ)さん(69)は「モミジやツタがきれい。さらに色づくのが楽しみ」と話した。同スキー場によると、ゴンドラは11月4日まで運行。10月後半からはカラマツの紅葉が楽しめるという。