持論の脱原発などについて語った小泉元首相=13日午後、鹿沼市内

 小泉純一郎(こいずみじゅんいちろう)元首相が13日、鹿沼市内で講演し、「いずれ自民党の議員も原発ゼロに変わると確信している」と持論である脱原発への期待を語った。

 東京電力福島第1原発事故の経過や諸外国の原発を巡る現状から「経済産業省が言う『絶対安全』『コスト安い』『クリーンエネルギー』の三つの大義は全部うそ」と強調した。