会場に展示された実物大のはやぶさ2の模型

はやぶさ2の実物大模型の前で記念写真を撮る来場者

会場に展示された実物大のはやぶさ2の模型

はやぶさ2の実物大模型の前で記念写真を撮る来場者たち

会場に展示された実物大のはやぶさ2の模型 はやぶさ2の実物大模型の前で記念写真を撮る来場者 会場に展示された実物大のはやぶさ2の模型 はやぶさ2の実物大模型の前で記念写真を撮る来場者たち

 【大田原】過去に4度「全国一の星空」に選ばれた市の夜空を生かしたイベント「星旅祭(ほしたびまつり)2018inおおたわら」(市星旅祭実行委員会主催)が13日、福原の市ふれあいの丘で開かれた。3年目の今年は冒険をメインテーマに、多彩な企画で訪れた約600人を楽しませた。

 屋内には宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機はやぶさ2の実物大模型が展示された。那須塩原市塩原小中学校の開校記念に保護者らが制作したもので、幅5・9メートル、高さ4・4メートル。来場者は記念写真を撮ったり、模型を所有する中学校教頭新井雅美(あらいまさみ)さん(60)、幸恵(ゆきえ)さん(55)夫妻=那須塩原市=の解説を聞いたりした。