剣道男子・佐野日大が決勝T進出 全国高校総体

剣道男子・佐野日大が決勝T進出 全国高校総体

 全国高校総体(インターハイ)第15日は11日、仙台市のカメイアリーナほかで剣道や柔道など5競技を行った。

 剣道は男子団体の佐野日大が予選リーグG組で丸岡(福井)に3−1、沼田(広島)に4−0で勝ち、決勝トーナメントに進出。女子個人は船山瑞季(ふなやまみずき)(文星女)と渡辺円佳(わたなべまどか)(矢板中央)が1回戦で敗れた。

 柔道は女子個人3階級を行い、いずれも国学栃木で48キロ級の石田雪桜(いしだゆきお)が1回戦、52キロ級の冨張(とみはり)さやかと57キロ級の石嶋青空(いしじまそら)が2回戦で敗退した。

 アーチェリー個人は男子の竹下和輝(たけしたかずき)(鹿沼)が1−7、女子の関口愛美佳(せきぐちあみか)(同)が0−6と、ともに決勝トーナメント1回戦で敗れた。