就活生向けに制服「ファッションショー」も 栃木県警が体験型業務説明会【動画】

就活生向けに制服「ファッションショー」も 栃木県警が体験型業務説明会【動画】

 県警職員を志望する学生や社会人らに警察業務への理解を深めてもらおうと、県警は11日、宇都宮市若草2丁目の県警察学校で体験型採用説明会を開いた。9月にある採用試験前の最後の説明会で、約100人が参加。鑑識業務の体験や警察車両の見学のほか、警察官の制服ファッションショー「ポリコレ」を初めて開催するなど、工夫を凝らした内容となった。

 ポリコレは「パリ・コレクション」にちなみ命名。警察官が式典で着用する礼服をはじめ、地域警察官の制服や防護服、鑑識課員が現場で着用する作業着など計8着を披露。モデルとなった警察官らは、鑑識や道幅の計測などの実演を交えながらランウェイを歩き、参加者らは拍手で迎えた。

 業務体験では模擬鑑識に挑戦。磁力のある粉末を使って、紙や缶に残された指紋を採取する作業を体験した。白バイやパトカーの車両見学やヘリによる訓練の見学もあった。

 白バイ隊員になるのが目標という宇都宮清陵高3年坂本友哉(さかもとともや)さん(18)は「実際に白バイにまたがると、ハンドルだけでもずっしりと重かった。いつか一人前に扱えるようになりたい」と話していた。