警察庁の栗生長官から表彰状を受け取る水沼理事長(左から3人目)=12日午後、都内

表彰状を受け取った水沼理事長(左)と和気事務局長=12日午後、都内

警察庁の栗生長官から表彰状を受け取る水沼理事長(左から3人目)=12日午後、都内

警察庁の栗生長官から表彰状を受け取る水沼理事長(左から3人目)=12日午後、都内 表彰状を受け取った水沼理事長(左)と和気事務局長=12日午後、都内 警察庁の栗生長官から表彰状を受け取る水沼理事長(左から3人目)=12日午後、都内

 犯罪被害者支援の在り方をテーマにした「全国犯罪被害者支援フォーラム2018」(全国被害者支援ネットワークなど主催)が12日、東京都内で開かれ、長年にわたる犯罪被害者支援の功労が認められ、「被害者支援センターとちぎ」(水沼富美男(みずぬまふみお)理事長)が表彰された。

 同センターは、民間被害者支援団体として10年以上活動するなどした団体が対象の「犯罪被害者支援功労団体表彰」を、山形、福島両県の被害者支援センターとともに受けた。今回表彰されたのは4団体、3企業、個人18人。