栃木、埼玉、長野県警の合同捜査班は10日までに、窃盗などの疑いでさいたま市、無職の男(35)、同市、外壁工の男(35)、同市、介護職員の女(41)を逮捕、送検した。合同捜査班によると、本県を含む6県で82件、現金など約1540万円の被害を確認した。外壁工の男と介護職員の女は処分保留で10日までに釈放された。

 2016年7~10月、本県をはじめ、茨城、長野、新潟、静岡、山梨の6県で、夜間に住宅の勝手口ドアから侵入し、現金などを盗んだ疑い。