宇都宮で初の猛暑日 佐野は37.2度 栃木県内各地で今年の最高気温

宇都宮で初の猛暑日 佐野は37.2度 栃木県内各地で今年の最高気温

 台風5号による暖かい空気や強い日差しの影響などで県内は9日、各地で気温が上昇した。最高気温は佐野で全国7番目の37・2度を記録したほか、小山が36・9度、宇都宮が36・1度の猛暑日となり、県内全14観測地点のうち9地点で今年の最高気温を更新した。

 宇都宮地方気象台によると、宇都宮の猛暑日は今年初めて。このほか真岡で34・8度、大田原と鹿沼で34・4度など7地点で真夏日となった。

 県消防防災課などによると、午後4時現在、熱中症とみられる救急搬送者は計14人。このうち自宅庭で作業中に気分が悪くなった下野市、男性(75)を含む3人は入院が必要な中等症だった。

 同気象台によると、10日は午後から雷雨になるところがある見込み。