車いすバスケを体験する生徒たち

 【佐野】車いすバスケットボール選手と田沼東中生徒の交流会が11日、同校で開かれた。ロンドン・パラリンピック日本代表の増渕倫巳(ますぶちともみ)さん(41)=宇都宮市在住=指導の下、生徒たちは実際に競技用車いすに乗ってバスケを体験した。

 交流会には1~3年の生徒計約370人が学年ごとに参加。初めて乗る競技用車いすの扱いに苦戦し、意図せず右や左にカーブしてしまう生徒もいた。増渕さんは「両手とも同じ力で押すといいよ」などとアドバイスしていた。