宇都宮観光コンベンション協会が作製した英語観光マップ

 【宇都宮】外国人観光客の誘客増に努めようと、宇都宮観光コンベンション協会は市の英語観光マップを作製し、今月から成田空港やJR東京駅前のトラベルセンターなどで配布している。市観光交流課によると、市や協会による宇都宮観光案内を同空港で配布するのは日本語版も含め初めて。茨城空港でも提供しており、多くの旅行者が集まる場所で市観光のPRに役立てる。

 マップは1万部作製。A2判だが、折り畳むと縦21センチ横10センチで携帯に便利な大きさになる。協会は、同空港第1ターミナルのトラベルセンターと同駅前の大型観光案内所「東京シティアイ」に各1500部を渡し、施設利用者への配布が始まっている。市内のホテルやJR宇都宮駅の市観光案内所でも提供している。