日光署、夏の中禅寺湖を水上パトロール 警備艇「おおるり」で

 【日光】避暑客でにぎわう奥日光・中禅寺湖での水難事故を防ごうと、日光署(小野秀文(おのひでふみ)署長)は9日、同湖で警備艇「おおるり」による水上パトロールを実施した。

 警備艇は60年前から同署に配備されており、おおるりで4代目。同湖でパトロールや人命救助に当たっている。この日は小野署長と署員5人が乗り込み、同湖を1周して異常がないか確認した。 

 同署によると、同湖での水難死亡事故は2012年8月に水遊びをしていた外国人男性が溺れて亡くなった以降はゼロ。昨年は船の転覆事故が2件発生したが、いずれも無事救助された。