男子ダブルスで優勝し、笑顔を見せる国枝(左)、真田組=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジアパラ大会第6日は11日に行われ、車いすテニス男子ダブルスで那須塩原市出身の真田卓(さなだ・たかし)(33)=凸版印刷=が金メダルを獲得した。

 真田は第一人者の国枝慎吾(くにえだ・しんご)(ユニクロ)と組んで出場した。決勝では韓国ペアと対戦し、息の合ったプレーで6-4、6-2のストレートで快勝した。