弓の名手たたえ「与一まつり」始まる 大田原

弓の名手たたえ「与一まつり」始まる 大田原

 【大田原】弓の名手那須与一(なすのよいち)をたたえる「第37回大田原与一まつり」(同実行委員会など主催)が4日、市の中心部で始まり、金燈籠(かなどうろう)交差点を中心とした約1キロの通りの各所で多様なイベントが行われた。5日まで。

 与一武者行列では市内の小学6年生など約350人が武者やなぎなた隊に扮(ふん)して勇壮に練り歩いた。列を先導する与一公役は、市が子育て政策に取り組んでいることにちなみ、今年子どもが誕生した市の男性職員が務めた。5日は国際医療福祉大2年の男子学生が務める。