触って体験、デジタルアート 宇都宮で5日から「チームラボアイランド」【動画】

触って体験、デジタルアート 宇都宮で5日から「チームラボアイランド」【動画】

 最新のデジタル技術を使ったアート作品に触れて楽しめる教育プロジェクト「チームラボアイランド−学ぶ!未来の遊園地−in宇都宮」(下野新聞社、東武宇都宮百貨店主催)が5日、宇都宮市宮園町の同百貨店で始まる。開幕を控えた4日に内覧会が開かれ、関係者らが各種アトラクションを体験した。28日まで。

 このプロジェクトは、プログラマーやCGアニメーター、数学者、デザイナーなどさまざまな分野の専門家でつくる集団「チームラボ」が全国で展開する体験型イベント。県内では昨年の壬生町での開催に続いて2回目になる。

 来場者は、自分が紙に描いた絵が、スクリーンに映し出された水族館で動きだす「お絵かき水族館」や、転がすと色や音が変化するボールで楽しむ「光のボールでオーケストラ」など五つのアトラクションを体感していた。

 家族と訪れた同市清原南小3年坂本耀(さかもとあかり)さん(9)は「描いた魚が泳いでいてかわいかった。とても面白いです」と満喫していた。

 中学生以上1200円、小学生以下600円、2歳以下無料。小学生以下は保護者同伴で。(問)下野新聞社教育文化事業部028・625・1134。