金融機関の担当者らが登壇して行われたパネルディスカッション=10日午後、宇都宮市

金融機関の担当者らが登壇して行われたパネルディスカッション=10日午後、宇都宮市

金融機関の担当者らが登壇して行われたパネルディスカッション=10日午後、宇都宮市 金融機関の担当者らが登壇して行われたパネルディスカッション=10日午後、宇都宮市

 日本公認会計士協会東京会と同会栃木県会は10日、宇都宮市西原町の宇都宮グランドホテルで、公認会計士制度70周年記念事業としてパネルディスカッションと講演会を開いた。両会員や顧問先などの約220人が出席した。

 パネルディスカッションは、中小企業の事業承継における公認会計士への期待などについて話し合われた。足利銀行と栃木銀行、鹿沼相互信用金庫の担当者が、事業承継には後継者の資金負担がネックとなっている現状を説明した。会計士と連携した承継の成功事例も形態別に紹介した。