めぶきフィナンシャルグループ(FG)傘下の足利銀行(松下正直(まつしたまさなお)頭取)は今月から、ソリューション営業の強化を目的にビジネスソリューション営業部の体制を増強した。同部から各支店へ配属する常駐者を倍増させ、取引先ニーズに対し、よりきめ細かくスピーディーに対応できる体制を整えた。事業承継支援や取引先紹介などにさらに注力していく。

 これまで21拠点25人だった本支店への常駐者を、35拠点52人に増やした。このうち、とりまとめ役として「ソリューションマネージャー」という役職を新設し、北栃木、県央・日光、県南・古河、両毛・群馬、埼玉の五つの営業エリア(エリア本部)に1人ずつ配置した。