80分で2件、特殊詐欺を連続ストップ 下野の郵便局員

 【下野】特殊詐欺を未然に防いだとして、下野署はこのほど、下野小金井郵便局員の長谷部(はせべ)かおるさん(56)と前川文子(まえかわあやこ)さん(55)に感謝状を贈った。前川さんは特殊詐欺被害を2回続けて防ぎ、県警の「声掛けマイスター」に委嘱された。

 5月29日午後、同郵便局を訪れた市内在住の80代女性が「外壁のリフォームで350万円を下ろしたい」と申し出た。前川さんは長谷部さんに相談し、女性から話を聞くと「現金を家まで取りに来る」などと話したため、警察に通報した。

 その約1時間20分後、前川さんは市内在住の70代夫婦から「息子が車を買うので200万円を下ろしたい」と相談を受けた。違和感を覚え警察に通報した。