日本オープンに初出場する金子(中部学院大)=岐阜県内

 横浜CC(横浜市)で11日に開幕する男子ゴルフの国内メジャー「第83回日本オープンゴルフ選手権」(日本ゴルフ協会主催)に日光市出身の金子優将(かねこゆうすけ)(21)=岐阜・中部学院大3年=が初出場する。本県出身アマチュアでは2010年に高橋勝(たかはしまさる)(作新高-東北福祉大、ディアレイクCC)、阿部裕樹(あべひろき)(佐野日大高-日大、フリー)が出場して以来、8年ぶりの本戦出場。金子は「いつかは出たいと思っていた大会」と開幕を心待ちにしている。

 日本オープンは日本プロゴルフ選手権と並び格式ある大会。過去には尾崎将司(おざきまさし)(5勝)、中嶋常幸(なかじまつねゆき)(4勝)らが優勝者に名を連ねる。プロ、アマ双方に門戸が開かれているが、出場できるのは最大120人という狭き門。予選通過者のほか、前回大会ベストアマ、過去10年間の優勝者などが日本一を懸けて熱戦を繰り広げる。