ブリッツェン・小野寺が優勝 初開催の大田原クリテリウム JPT第12戦【動画】

ブリッツェン・小野寺が優勝 初開催の大田原クリテリウム JPT第12戦【動画】

 自転車ロードレースの国内最高峰ツアー「Jプロツアー(JPT)」の第12戦「大田原クリテリウム」(1周2・5キロ×23=57・5キロ)が29日、大田原市下石上の野崎工業団地内の特設コースで初開催された。19チーム約200選手の激走に、約4千人のファンが熱い声援を送った。

 集団落車で一時中断にも見舞われたレースは、最終コーナーで勝負を仕掛けた宇都宮ブリッツェンの小野寺玲(おのでられい)(21)が1時間32分20秒で初代王者に輝き、チームカラーの赤に染まった沿道を沸かせた。小野寺は今季初優勝、チームとしては第9戦石川ロードの雨沢毅明(あめざわたけあき)以来2勝目。

 地元店など約10店の飲食ブースも初開催のレースを盛り上げた。大会実行委員会の江面晃一(えづらこういち)会長(63)は「地元チームの優勝は喜びもひとしお。県外からの来場者も多く、地域が活性化している」と手応えを感じていた。

 30日は矢板市のJR片岡駅付近をスタート・ゴール地点に「第13戦やいた片岡ロードレース」(10・3キロ×9周=92・7キロ)を行う。