納付を「ニャンニャ係長」がPRだニャ 広報誌からHPに進出 宇都宮市

 【宇都宮】市は広報誌で連載している4こま漫画「徴収担当ニャンニャ係長」を、今月から市のホームページ(HP)でも掲載している。ネコの姿をした係長が税金や各種料金を紹介する内容で、市職員が制作。HPにも公開することで、市民により広く制度の周知を図りたい考えだ。

 「徴収担当ニャンニャ係長」は、市税などの収納対策の一環として、2011年の市の広報誌「広報うつのみや」10月号から連載を開始。税金のほか水道料金など市の徴収金について、ニャンニャ係長が分かりやすく伝えてきた。

 作者は納税課職員の森秀夫(もりひでお)さん(57)。40年近く趣味で漫画を描いているといい、ニャンニャ係長について「何らかの形でオチを付けるなど、読んでもらいやすい工夫をしています」と話す。

 HPでの掲載は、制度を周知し、市民に納付意識をより高めてもらおうと企画した。初めてHPで公開した7月分の漫画は「国民健康保険税」の納付がテーマ。